撮影方法の移り変わり、2014年

ようやく昨年の状況です。

X7は、50D→60Dと入れ替えてもまだ画質が気に入らなかったので、
Dfはようやく祖父の形見のレンズが問題なく使用できるということで、
それぞれ導入しています。

「レジェンド・オブ・ミシカ」を「快適に」最後に撮影した際の画像です。
この日は、例によってカメラを三台使用して撮影しています。
センサーサイズの異なる機種での撮影も定番になってきましたので、
今後、様々な撮影で有効活用していくつもりでいます。


尚、「レジェンド・オブ・ミシカ」最終日は、この場所も「葬送したい雑魚」
しかいませんでした。
ショー初日以下の低レベルで、撮影していて腕が腐りそうでしたし。
自分も上手いとは思っていませんが、自分以上にお話にしならない
「超」低レベルでしたからね。


視界の悪い中、K-5IIsで普段通りに撮影はしましたけどね。
ま、ミシカの流し撮りは自分が元祖ですから。

Canon EOS Kiss X7 + EF 135mm F2L USM 
ISO:400 F2.0 1/2500
画像


Nikon Df + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
+ Ai AF-I TELECONVERTER TC-14E(自主改造) ISO:100 F5.6 1/125
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック